ジャイアント馬場、16文の理由

『ジャイアント馬場 甦る16文キック』(小学館)というDVDマガジン(全5巻)が、昭和プロレスファン以外にも話題になっています。DVDマガジンというのは、DVDを添付という形のムックにして、DVDを書籍コードで発売する新しいビジネスモデルです。




つまり、ジャイアント馬場の名勝負と、それを解説したり補完したりする読み物もついているというわけです。

永久保存版ですね。

そういう場合、DVDを持っていてもつい買ってしまうんですよね。

それはともかくとして、ジャイアント馬場のDVD付きマガジン『ジャイアント馬場 甦る16文キック』の発売を意識しているのか、5月13日更新のポスト/セブンでは、昭和プロレスのエース・ジャイアント馬場の16文の由来について書かれています。
足のサイズ34cmのG馬場の「16文(38cm)キック」なぜ?
2012.05.13 07:00
ジャイアント馬場の代名詞「16文キック」秘話
 日本のプロレス界に大いなる足跡を遺した巨人・ジャイアント馬場。1999年に亡くなったが依然としてその人気は衰えることはない。ここでは、DVD付きマガジン『ジャイアント馬場 甦る16文キック』第1巻(小学館)より、ジャイアント馬場の16文キックにまつわる秘話を紹介しよう。
 * * *
 馬場の代名詞ともいえる16文キックが誕生したのは、アメリカ武者修行中の1962年6月ごろ。ニューヨークのサニー・サイド・ガーデンでスカル・マーフィと組んでカルロス・ミラノ&ピーター・センチャーズと対戦した馬場は、ミラノをロープに振った際、マーフィの「キックだ!」の声に、とっさに左足を振り上げてミラノの胸板にカウンターキックをぶち込んだ。ミラノは強烈なダメージで立つことができず、馬場がフォール勝ち。偶然出た一発だった。
 当初、馬場本人には特別な意識はなく「無意識に左足が出たのは、巨人軍時代に毎日、左足を高く振り上げてピッチングしていたからだろう」という程度のものだった。
 が、力道山道場で足の屈伸運動を毎日3000回やっていた脚力から繰り出される強烈なキックはマスコミに注目され、本人も得意技にしようと意識するようになった。完成は1964年末。LA市警で空手の師範をしていた日系人に空手の蹴りを教わって、それを取り入れたことでピタッと型が決まるようになったという。
 命名したのは某スポーツ新聞。馬場がLAで購入した靴に16というラベルが貼ってあったことに由来。実際の馬場の足サイズは16文(約38.4センチ)でも、16インチ(約40センチ)でもなく、34センチだった。
取材・文■小佐野景浩 撮影■木村盛綱


スポンサードリンク↓

ジャイアント馬場の必殺技、16文キックは、スカル・マーフィー、32文キックはペドロ・モラレスが師匠、という話はマニアからよくきかれます。

が、16文キックのスカル・マーフィーの場合は、技を教えるというより背中を押してくれたということでしょうね。

そして、当時のプロレスは、現在のような「大技のインフレ」ではなく、打ったり蹴ったり、長くひとっところをせめてスタミナを奪って、最後は得意技で仕留めるというパターンなので、足を振り上げて蹴るというのは、試合の局面を変えたり、攻撃パターンの一環であったり、それ自体がフォールに繋がるキメ技だったりしたのでしょうね。

すでに晩年のジャイアント馬場は、立って歩くこともしんどかったようで、16文キックも、ロープにもたれかかり、相手が蹴られに来るところに足を出す、という省エネパターンがしばしば見受けられました。

それでも、邪道・外道などは喜んで蹴られて、至福の表情で倒れていましたが、第四試合の受け方としては、それもありなのかなと思いました。

まあ、もし自分がレスラーだったら、ジャイアント馬場の16文キックをウケてみたいと思ったでしょうからね。

全盛期ではなくても受けてみたい、という邪道・外道の気持ちはよくわかりました。

ジャイアント馬場甦る16文キック 第1巻 (SJムック)

ジャイアント馬場甦る16文キック 第1巻 (SJムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/05/11
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク

 カテゴリ

 タグ