アントニオ猪木。昭和プロレスの中では、同期であるジャイアント馬場に対する強烈な対抗意識が語りぐさです。新日本プロレスを設立後は、つねにジャイアント馬場を挑発。いつでもどこでもたたかうと言っていましたが、実際に全日本プロレスが「オープン選手権」を開催すると、ピル・ロビンソンとの一騎打ちが決まっていることを理由に不参加を表明しました。

ロビンソン戦のときだけ抜ければ、参加できないことはなかったはずですが、アントニオ猪木が不参加を表明した最大の理由は、全日本プロレスがガチンコの強いレスラーを集めてアントニオ猪木を潰すつもりであるからだと当時から言われました。

誰かが公式にそう表明したわけではないので、それは今まで噂に過ぎなかったわけですが、『Gスピリッツ Vol.17』(辰巳出版)では、ジャイアント馬場の初代フィクサーと云われた元・『プロレス&ボクシング』編集顧問の森岡理右氏がインタビューで、「あの『猪木抹殺計画』は私のアイデアです」とはっきり認めています。

あの『猪木抹殺計画』は私のアイデアです
『Gスピリッツ vol.17』(辰巳出版)より

大会の主旨は「広く門戸を開放し、各団体から代表選手の参加を求め、広く対戦する機会を提供する」というもの。これは猪木の執拗な対戦要求に対する「試合をしたければ、この大会に参加してください」という馬場の回答でもあった。

「あれは僕のアイディア。猪木を黙らせようとしてやったんだよ。『オープン選手権』という名称にしたのは“対戦したがっている猪木さんに対してもオープンな姿勢ですよ”という意味だから。それでガチンコの強い連中を集めてね。僕と馬場、原ちゃんでヒルトンホテル(後のキャピトル東急ホテル)に籠って、“一番手はホースト・ホフマン、次にディック・マードック、そしてハーリー・レイス、よしんば猪木が勝ち上がってきたとしたら、最後はデストロイヤーを当てて…”とカードを全部考えていたから。当時でもデストロイヤーは強かったからねえ。他にもパット・オコーナー、ミスター・レスリング、ドン・レオ・ジョナサンといった静々たる連中がいたわけだから、どうやったって猪木は勝てないよ」
ーあの大会は試合形式がリーグ戦でもトーナメントでもない大相撲形式の形でしたから、そうなればカードを自由に組めますね。
「どっちにしろ猪木が来れるわけがないんだよ。それから猪木は、一言も何も言わなくなった。言えないわな。“いつ、どこでも馬場に挑戦してやる!”と言っていたところに、猪木のために用意してやった『オープン選手権』だからね。こっちにしてみれば、“これに来れないとは何事か!”と」
ー馬場サイドとしては、猪木さんが黙ればそれでいいし、来たら来たでガチンコでやっちゃえばいいと。
「そうそう。両刃の構えだった。猪木だって、馬場の会社の興行にノコノコ出て行って儲けさせる必要もないじゃない? そういうことをわかりながら、自分では“馬場とやりたい”と言っていたんだから、“アホらしくて付き合ってられない”というのが馬場側の感じていたこと。だから、黙らせるだけで十分だったんだよ。でも、もし猪木を参加させていたら新日本の将来はなかったね」
(『Gスピリッツ vol.17』(辰巳出版)「あの『猪木抹殺計画』は私のアイデアです」より)

オープン選手権に、国際プロレスは参加しました。それだけに、対戦を迫っていた新日本プロレスの参加がなかったことは、両団体の緊張状態やTV局の強さを改めて知ることとなりました。




↑スポンサードリンク

もっとも、国際プロレスとて、全日本プロレスとの友情とか反猪木陣営についたとかいうよりも、たんにビジネス上メリットがあったから参加したのだと思います。

全国ネットの日本テレビ系列に、ラッシャー木村、グレート草津、マイティ井上の3人の試合が放送されますし、オープン選手権の興行の内、4大会の権利を国際プロレスに渡しています。

国際プロレスとしたら、あれだけの豪華メンバーを呼んだ大会を4大会も主催できたのです。国際プロレスは12月の興行はありませんでしたが、自分のところで赤字興行をうつよりは、その4大会で利益を出せて結果的に儲かったのではないでしょうか。

大会の途中では力道山13回忌の大会も行われ、日本プロレス時代にリングアナウンサーだった篠原長昭氏が久しぶりに表舞台に登場していましたね。

アントニオ猪木はそれにも参加しないで、百田敬子氏は「もう力道山の弟子ではない」というコメントを発表していましたが、まあ、普通の年忌法要ではなくて全日本プロレスの興行がそういう大会名をつけただけですから、ライバル団体の人が参加できるわけはありません。

ちなみに、ジャイアント馬場3000試合出場記念のバーン・ガニア戦のときは、アントニオ猪木から祝福の花束が来ていましたね。

その頃はだいぶ丸くなったのでしょうか。

それにしても昭和プロレス、いろいろあります。

森岡理右氏のインタビュー。面白いので、次回以降ももう少しご紹介します。

Gスピリッツ Vol.17 (タツミムック)

Gスピリッツ Vol.17 (タツミムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2010/09/29
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク