ボボ・ブラジル

大木金太郎とボボ・ブラジルでは、果たしてどちらが石頭だったんだろうか?という質問の投稿が、Facebookにありました。どちらも頭突きで一世を風靡したレスラーです。過去の対戦では、頭突きで決着がついた試合はなかったはずですが、私はボボ・ブラジル、という結論を出しています。



大木金太郎とボボ・ブラジル、どちらが石頭だったか?

大木金太郎派、ボボ・ブラジル派

大木金太郎派、ボボ・ブラジル派。

いろいろ意見はあると思います。

私は、1969年4月16日に、大阪府立体育館で行われた、ジャイアント馬場、大木金太郎組対ボボ・ブラジル、クリス・マルコフ組の試合で、答えは出ているのではないかと思いました。



この試合、2人が頭突き合戦をするシーンがあります。

最初は互角のように見えたのですが、ボボ・ブラジルのジャンピングヘッドバットで、大木金太郎はガクッと膝をつきました。

すると、ボボ・ブラジルは攻撃をやめ、次の大木金太郎の頭突きから逃げました。

観客は、大木金太郎の頭突きからボボ・ブラジルが逃げたと見たかもしれませんが、私は、人格者のボボ・ブラジルが、大木金太郎の商品価値を守ったのだなと解釈しました。

ジャンピングヘッドバットで、大木金太郎はガクッと膝をついたのです。

それなら、それを繰り返して、頭突き合戦に決着をつければいいはずです。

げんに、ボボ・ブラジルは、ジャイアント馬場からジャンピングヘッドバットでフォールを奪い、インターナショナル選手権を奪っています。

ジャイアント馬場にはできて、大木金太郎にはできない。

それは、大木金太郎はジャンピングヘッドバットでフォールを取られてはいけないレスラーだということを、ボボ・ブラジルは理解しているからでしょう。

スポンサードリンク↓

このシリーズは、第11回ワールドリーグ戦でしたが、大木金太郎は負傷という理由で、この後のボボ・ブラジル戦を不戦敗しています。

でも、このリーグ戦は、アントニオ猪木と坂口征二が参加し、アントニオ猪木が幸運に優勝したという結末にするため、日本陣営が僅差で好成績を挙げているのですが、大木金太郎は6勝2敗でした。

ジャイアント馬場、アントニオ猪木が6勝1敗1分ですから、大木金太郎はボボ・ブラジル戦をかりに引き分けでも並べたわけで、あの出たがりの大木金太郎の不戦敗はあまりにも惜しいというか不自然な気がしました。

その後も、大木金太郎はボボ・ブラジルと戦ってはいますが、ボボ・ブラジルがジャンピングヘッドバットで大木金太郎を仕留めるというシーンはありませんでした。

いちばん象徴的なのは、ジャイアント馬場離脱後の、インターナショナル選手権争奪戦で、ボボ・ブラジルが凶器を使って大木金太郎に勝った試合です。

いくら、ボボ・ブラジルがすでに下り坂に向かった時期だからといって、普通得意技がかぶる対戦なら、頭突き合戦で盛り上がってもいいはずです。

しかも、その次の試合では、大木金太郎が凶器で逆襲してチャンピオンになるという、「お前たちに頭突きレスラーの矜持はないのか」といいたくなるような展開でした。

大木金太郎とボボ・ブラジル 果たしてどちらが石頭だったか?

以上の経緯から、私はボボ・ブラジルという答えを出しました。

昭和40年代男のプロレスカルチャー大全

昭和40年代男のプロレスカルチャー大全

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク

 カテゴリ

 タグ