国際プロレス

国際プロレスについて、『日本プロレス事件史 Vol.8』(P34~P40)に、興味深いことが書かれていました。ま、あくまでも昭和プロレスファンなら……の話ですが。それとともに、国際プロレスがTBSで放送されることが決定した頃の写真などもご紹介します。



国際プロレスが、吉原功と、日本プロレスへの凱旋で手応えを掴んだヒロ・マツダによって設立されたのは昭和プロレスファンならご存知のことでしょう。

これまでは、グレート東郷がブッカーとなったために、立場がなくなったヒロ・マツダが離脱した、といわれてきました。

ところが、同誌に書かれているマティ鈴木の回顧によると、国際プロレスの興行は赤字で、吉原功は自宅を担保に金を都合したものの、ヒロ・マツダの負担について十分ではなかったことが、袂を分かつ真の原因だったといいます。

ヒロ・マツダにしても、安いギャラでリングに上がり、外人レスラーのブッキング料もとらなかったなど、いい思いをしたわけではないのですが、それだけでは不充分であるほど、国際プロレスの赤字は大きかったのでしょう。

当時、どういう登記だったかがわかりませんが、どちらにも代表権があれば、ヒロ・マツダも応分の負担をすべきだったかもしれません。

吉原功と行動をともにして日本プロレスをやめた、ヒロ・マツダの荏原高校野球部の後輩であるマティ鈴木ですら、600万円を負担。

マティ鈴木はそのままアメリカに行き、2年間ギャラの半分を借金返済にあてたといいます。

そうした状態のため、国際プロレスは、広島の乳業会社社長であった岩田弘氏に株を譲渡する形で資金援助を受けます。

そして、国際プロレスの中継が決定。

プロレス雑誌には、TBSの森忠大運動部副部長と岩田弘氏とブルーノ・サンマルチノが一緒に写っている写真が掲載されたことがありますね。

『TBSプロレス』と改称した国際プロレスによって、『TWWAプロレス中継』が開始されました。

スポンサードリンク↓

国際プロレス・今は亡き三羽烏


昭和プロレスファンならご存じのように、日本プロレスの三羽烏といえば、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、大木金太郎です。

では、国際プロレスの三羽烏は、といえば、グレート草津、サンダー杉山、木村政雄(後のラッシャー木村)です。まあ、彼らもみんな日本プロレス出身ですが。

豊登道春は別格という感じですね。

小林省三(後のストロング小林)、寺西勇、井上末雄(後のマイティ井上)が出てくるのはもう少し後。
ただ、ラッシャー木村と、ストロング小林のリングネームは、テレビ(TBS)で同じ時期に公募だったと思います。

「東京スポーツ」(2010年5月26日付)には、ラッシャー木村さんを偲ぶ記事として、懐かしい国際プロレス時代の写真が公開されたことがあります。

それが冒頭の写真です。

三羽烏だけでなく、一緒に写っている外国人も存命の方はおられないのではないでしょうか。ダニーホッジぐらいかな。昭和プロレスは遠くなりにけりです。

サンダー杉山が柔道着なのが目に付きます。

レスリングの前は柔道出身で、アントン・ヘーシンク対ゴリラ・モンスーンの柔道ジャケットマッチでは解説もつとめていましたね。

国際プロレス、当初のスターはグレート草津。ルー・テーズには敗れましたが、イギリス南部・西部とやらの2つのシングルタイトルを取らせました。

日本プロレスから引き抜いた二枚看板の片割れだったサンダー杉山には、豊登と組んでTWWA世界タッグのベルトを巻かせました。

次に売り出すストロング小林とラッシャー木村のために、いったんTWWA世界タッグは外国人にとられ、今度は杉山、木村組で奪還させました。

そして、体が空いた豊登は、今度はストロング小林とIWA世界タッグのベルトを巻きました。

さらに、シングル王者をビル・ロビンソンにしていたことから、グレート草津もまたプッシュし直さなければならず、今度はラッシャー木村と組ませて、ヨーロッパダッグ選手権なるベルトを取らせました。

この時点で、タッグタイトルは3つ。日本プロレスがインタータッグとアジアタッグですから、ちょっと過剰という感じですね。

しかも、TWWA世界タッグとヨーロッパタッグは自然消滅したし(笑)

豊登に追従した田中忠治には、IWAミッドヘビー級選手権なるタイトルを取らせ、その後、それは寺西勇がチャンピオンを名乗った後、いつの間にか違う名前でミレ・ツルノから阿修羅原が取ったことになっていましたね。

この団体の失敗は、タイトルが結果ではなく、はじめに戴冠ありきだったことかもしれません。

タイトルに説得力がないんですね。それは、結局興行として目玉を失うことになります。

日本プロレスは、ジャイアント馬場に、帰国してから2年間は、無冠どころか豊登に継ぐナンバー2をやらせていたのですから。

昭和プロレスもいろいろありました。

日本プロレス事件史 vol.8 移籍・引き抜き・興行戦争 (B・B MOOK 1178 週刊プロレススペシャル)

日本プロレス事件史 vol.8 移籍・引き抜き・興行戦争 (B・B MOOK 1178 週刊プロレススペシャル)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2015/04/17
  • メディア: ムック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク

 タグ