ひよっこ

ブルーノ・サンマルチノの銅像を、生まれ故郷のイタリアのピッツォフェッラートで、本人も見守る中で公開されたという動画が、Facebookのタイムランを流れてきました。ブルーノ・サンマルチノといえば、昭和プロレスのスター。かつてのWWWF世界ヘビー級チャンピオンであり、日本ではジャイアント馬場との熱戦が印象的です。



生まれ故郷のイタリアのピッツォフェッラートで、本人も見守る中、ブルーノ・サンマルチノの銅像が公開されたそうです。

ブルーノ・サンマルチノの銅像


為政者が作らせた銅像や石碑には、政治的意図を勘ぐらざるを得ませんが、生まれ故郷のイタリアということは、きっと地元民の「郷土の英雄」を銅像化しようということだったのでしょう。

ブルーノ・サンマルチノといえば、最近も、NHKに登場しました。

いえ、本人ではなくポスターで。

やはり、Facebookのタイムランからです。

ひよっこ

1967年というドラマの設定を表現するために、当時実際に行われた試合のポスターを小道具として使っているのです。

もっとも、ポスターには、「インターナショナル選手権1967年3月7日蔵前国技館」と記されていますが、ポスターの写真は、3月2日大阪府立体育館の同カードのものと思われますが、そういうツッコミはこの際措きましょう(笑)

ひよっこ
1967年3月7日大阪府立体育館の中継より

プロレスも21世紀になリだいぶ変わってしまいましたが、昭和プロレスに比べていちばん変わったと思えるのは、レスラーの佇まいです。

劇画のキャラクター化した姿は、派手な衣装と、ボディビル的な筋肉、相手との相互協力ぶりがわかる技のカーニバルなど、格闘サーカス、WWEに至っては、筋肉モンスターたちのコミック・ショーとの酷評も聞きます。

スポンサーリンク↓

しかし、昭和プロレスのレスラーたちは、試合でアスリートとしての凄みを見せ、衣装もポーズも、決して今のように派手ではありませんでした。

ブルーノ・サンマルチノの、半歩右足を出して、相手に挑むポーズは、非常にシンプルですが、凄みを感じます。

ブルーノ・サンマルチノ

余計なことをしなくても、分厚い胸板の自分は、これで十分に凄みを表現している、というブルーノ・サンマルチノの自信が伺えます。

一方、長身で懐の深いジャイアント馬場の、おもいっきり手を広げたポーズも、ジャイアント馬場の特徴をよく表しています。

ジャイアント馬場

そして、2人がそのポーズでにらみ合った、全日本プロレス旗揚げシリーズのポスターこそは、2人の異形の対決の凄みを端的にあらわした、私はプロレスとしては最高傑作と言ってもいいポスターだと思いました。

昭和プロレス、サイコーです。

昭和プロレスファンあるある

昭和プロレスファンあるある

  • 作者: 昭和プロレスファンあるある委員会
  • 出版社/メーカー: ラトルズ
  • 発売日: 2016/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク

 カテゴリ

 タグ