So-net無料ブログ作成

that's newのカテゴリ記事一覧

カテゴリ:that's new

that's newのカテゴリ記事一覧。昭和プロレスの「その時」と「今」をweb採録していきます

that's new
ジャイアント馬場といえば、だれしも認める昭和プロレスのエースです。ただ、ディック・ザ・ブルーザーを破ってインターナショナルチャンピオンになりましたが、タイトルを..

記事を読む

that's new
昭和プロレスの父・力道山3回忌にあたる1965年12月15日、東京・大田区の池上本門寺に所属レスラーが集まりました。力道山がかつて住んだ大田区梅田(現在の都営浅..

記事を読む

that's new
ジャイアント馬場が、日本のチャンピオン(清水一郎アナ)と呼ばれるようになった日はまさにこの日からでしょう。昭和プロレスのエース・ジャイアント馬場が1965年11..

記事を読む

that's new
ジャイアント馬場といえば昭和プロレスのエース。明るく楽しく激しいプロレスは、四天王プロレス以前に、ジャイアント馬場自身がこの時代に実践していました。高度経済成長..

記事を読む

that's new
第6回ワールド・リーグ戦は春の祭典。昭和プロレスの目玉です。1964年05月12日に決勝戦が行われ、豊登がジン・キニスキーを破って初優勝を果たしました。これまで..

記事を読む

that's new
黒潮太郎。昭和プロレスファンでも名前を知っている人は少ないかもしれません。かつて国際プロレスに留学したトリニダード・トバゴ出身のレスラー(本名レイ・ゴールデン・..

記事を読む

that's new
第6回ワールド・リーグ戦といえば、日本プロレスの春の祭典。昭和プロレスファン垂涎の大イベントです。力道山死後、日本プロレスの存続が決まっても、この大イベントはど..

記事を読む

that's new
ジャイアント馬場、アメリカ遠征時代のババは1963年、日本プロレスの第5回ワールドリーグ戦に参加するため、馬場として帰国します。それまで馬場正平と名乗っていまし..

記事を読む

that's new
ババ(ジャイアント馬場)は1960年に日本プロレスに入門。その翌年にアメリカに修行に出ましたが、その2年後にはアメリカ三大マーケットのトップ選手になっていました..

記事を読む

that's new
ババ対フレッド・プラッシー。何て昭和プロレスの香りただようマッチメークでしょうか。昭和プロレスの主役、当時はアメリカ遠征中のジャイアント馬場(ババ)は1964年..

記事を読む

ジャイアント馬場、遂に日本でルー・テーズを破る!

ジャイアント馬場といえば、だれしも認める昭和プロレスのエースです。ただ、ディック・ザ・ブルーザーを破ってインターナショナルチャンピオンになりましたが、タイトルを奪取したのが2本とも反則。初防衛戦は1-1の引き分けと、完勝ではありませんでした。その意味では、ベルトは取りましたが王者としての説得力がまだ十分ではありませんでした。

しかし、そのチャンスはすぐにやってきました。

» 続きを読む

昭和プロレスのスターたちが力道山3回忌で勢揃い

昭和プロレスの父・力道山3回忌にあたる1965年12月15日、東京・大田区の池上本門寺に所属レスラーが集まりました。力道山がかつて住んだ大田区梅田(現在の都営浅草線西馬込車庫)のすぐそばに池上本門寺はあります。

» 続きを読む

ジャイアント馬場、インターナショナル選手権王者となる

ジャイアント馬場が、日本のチャンピオン(清水一郎アナ)と呼ばれるようになった日はまさにこの日からでしょう。昭和プロレスのエース・ジャイアント馬場が1965年11月24日、力道山がかつて名乗っていたインターナショナル選手権の復活王座争奪戦で王者となりました。これは、日本プロレスが、ジャイアント馬場を正式にエースとみとめた日でもあります。

» 続きを読む

ジャイアント馬場、32文キックを日本で初公開

ジャイアント馬場といえば昭和プロレスのエース。明るく楽しく激しいプロレスは、四天王プロレス以前に、ジャイアント馬場自身がこの時代に実践していました。高度経済成長の象徴ともいえた、ダイナミックなプロレス。その真骨頂は1965年3月26日、リキスポーツパレスで、ドン・ダフイ相手にさく裂した32文ロケット砲です。

» 続きを読む

第6回ワールドリーグ戦は豊登の優勝

第6回ワールド・リーグ戦は春の祭典。昭和プロレスの目玉です。1964年05月12日に決勝戦が行われ、豊登がジン・キニスキーを破って初優勝を果たしました。これまでの5回はすべて力道山が優勝していましたから、ワールドリーグ戦優勝者こそが日本プロレス界のエースということがいえたわけです。

» 続きを読む

黒潮太郎を覚えていますか

黒潮太郎。昭和プロレスファンでも名前を知っている人は少ないかもしれません。かつて国際プロレスに留学したトリニダード・トバゴ出身のレスラー(本名レイ・ゴールデン・アポロン)です。国際プロレスの留学生というと稲妻二郎が有名ですが、稲妻「二郎」は、黒潮「太郎」に次ぐ留学生という意味で命名されたのです。

» 続きを読む

第6回ワールドリーグ戦開幕、ジャイアント馬場登場!

第6回ワールド・リーグ戦といえば、日本プロレスの春の祭典。昭和プロレスファン垂涎の大イベントです。力道山死後、日本プロレスの存続が決まっても、この大イベントはどうなるのか心配されました。

インターナショナル選手権を百田家に寄贈するということになり、これまでシングル王座がないまま興行が行われていた日本プロレス。やはり年1回の大イベントは続行せざるを得なかったわけです。

» 続きを読む

ジャイアント馬場、帰国前にハワイとロスでくつろぐ

ジャイアント馬場、アメリカ遠征時代のババは1963年、日本プロレスの第5回ワールドリーグ戦に参加するため、馬場として帰国します。

それまで馬場正平と名乗っていましたが、このシリーズ中にジャイアント馬場になったようです。

» 続きを読む

ババ、ルー・テーズのNWA世界に挑戦!

ババ(ジャイアント馬場)は1960年に日本プロレスに入門。その翌年にアメリカに修行に出ましたが、その2年後にはアメリカ三大マーケットのトップ選手になっていました。しかし、何よりも大きなマーケットはNWA。そして、当時のチャンピオンは鉄人ルー・テーズです。

» 続きを読む

ババ、ブラッシーのWWA世界に挑戦!

ババ対フレッド・プラッシー。何て昭和プロレスの香りただようマッチメークでしょうか。昭和プロレスの主役、当時はアメリカ遠征中のジャイアント馬場(ババ)は1964年02月28日、ロスアンゼルスのオリンピック・オーデトリアムで行われたWWA世界選手権試合に出場。チャンピオンのフレッド・ブラッシーに挑戦しました。

» 続きを読む

Copyright © 昭和プロレス今昔 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。