NWA世界ヘビー級選手権といえば、昭和プロレスにとってもっとも権威ある団体が認定するタイトルです。力道山、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、ジャンボ鶴田と挑戦し続けても取れなかったタイトルを、1974年12月、ジャイアント馬場が鹿児島でジャック・ブリスコを破って日本人として初めてチャンピオンになりました。『週刊大衆』(7月7日号)の「1964年のジャイアント馬場」では、ジャック・ブリスコが明らかにした、タイトル移動の真相を書いています。

週刊大衆7月7日号

いいことか悪いことかわかりませんが、今では、プロレスのチャンピオンベルトは商業的、政治的に移動・保持されている、という認識がファンにあります。

とくにNWA世界ヘビー級選手権は、プロモーターの組織が認定しているタイトル。プロモーターが指名し、チャンピオンは委託料を払ってそのベルトを保持。各テリトリーを回ることも明らかになりました。

NWA世界ヘビー級選手権は、ルー・テーズ対力道山戦以来、日本でも何度か行われていますが、1974年までタイトルが移動したことはありません。

ドリーファンクジュニア対アントニオ猪木が名勝負などと言われていますが、しょせんタイトルの移動はない、という結論は決まっていたのです。

それが、移動したのが1974年12月2日の鹿児島県立体育館。ジャイアント馬場がジャック・ブリスコを破りました。

『週刊大衆』(7月7日号)の「1964年のジャイアント馬場」では、具体的に、そこでどんな交渉が行われ、いくらのお金が動いたかを、日本では発売されていないジャック・ブリスコの自伝『BRISCO』から紹介しています。

試合自体はいい試合だった



試合を振り返りますと、ジャイアント馬場は1本目で必殺技の32文ロケットキックを早くも出して即効で先取。

2本目はジャック・ブリスコが得意技の足4の字固めでタイに。

そして3本目、足を痛めたことで、16文も32文も使えなくなったジャイアント馬場が、ジャンピングネックブリーカードロップで3カウントを奪いました。

1本目から32文を出したのは、ジャック・ブリスコの足4の字固めのイメージを大切にするため、ジャイアント馬場は足技をその前に出しておかなければならなかったからでしょう。

要するに、1本目が3本目の伏線になっている、きちんと3本目まで計算しつくされた試合だったのです。

私は、背景に何があろうが、そのような完成度の高い試合は好きです。

「悔しがる、マティ鈴木」という清水一郎アナのフレーズは、まさに中継スタッフもセコンド陣も、試合を支えていたことを示しており、あの盛り上がりは何度ビデオを見なおしても心地よいものです。

実は、その日は生放送だったため、ジャイアント馬場に勝利者インタビューを行っているのですが、ジャイアント馬場は、そのとき、ついうっかり、「お金を出して権利を買った」というような話をしていたと思います。

もちろんそれは、「勝利を買った」ではなく、あくまで選手権試合の開催する権利という意味でしたが、たぶんそれでもその当時のファンは、ちょっとひっかかったかもしれません。

前置きが長くなりましたが、連載の要旨はこうなっています。

・交渉役はテリー・ファンクだった
・当初は1万ドルという話だったが、ジャック・ブリスコはNWA本部に供託金を2万5000ドル預けており、1万ドルのために2万5000ドルを失うようなことはできないと断った。
・数日後、テリー・ファンクは「2万5000ドルのことは心配するな」と言ってきたので、ジャック・ブリスコは、具体的に移動費用は供託金と同額。それ以外に通常のギャラ(2000ドル)と馬場戦にはその4倍のギャラと滞在費用はすべてドルで欲しいと要求した
・ジャイアント馬場がそれを受け入れたことを確認したジャック・ブリスコは、サム・マソニック、エディ・グラハム、ジム・バーネットらにタイトルを移動させることを告げた


2週間弱のシリーズで合計で6000万円。ずいぶんふっかけたなあという印象ですが、ジャック・ブリスコによると、それまではNWA本部の命令で1晩25ドルで試合をしてきたそうです。

ジャック・ブリスコにとっては、一世一代のビッグビジネスチャンスだったわけです。

著者の柳澤健氏は、それを「少なくともジャイアント馬場と日本テレビが6000万円を高すぎるとは感じなかったことだけは間違いない」と書いており、スポンサーは日本テレビだったと指摘しています。

まあ、そうでしょうね。




↑スポンサードリンク

全日本プロレスは日本テレビによって設立されたと言っても過言ではないし、日本プロレス時代から、いろいろなアイデアを出していたのも日本テレビだったと当時のプロデューサーが述べています。

日本プロレスのダラ幹にしてはよく考えたなあ、と思うことが結構ありましたからね。

アントニオ猪木が、日本陣営対決を行い、ジャイアント馬場に挑戦を宣言しているので、ジャイアント馬場は世界を極めたのだ、ということだったんでしょうね。

ジャイアント馬場が膝にサポーターもせず、32文をサッと出せたのはこの頃まででしたから、そういう意味では世界チャンピオンのベルトを巻く最後のチャンスだったと思いますので、高いかどうかはわかりませんが、無駄遣いではなかったと思います。

繰り返しますが、私は、いかなる背景でも、あの試合自体はいい試合だったと思いますし、最後の盛り上げ方も素晴らしかったので、動いたお金で評価が変わることはありません。

昭和プロレス。いろいろあるのです。

週刊大衆 2014年 7/7号 [雑誌]

週刊大衆 2014年 7/7号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2014/06/23
  • メディア: 雑誌

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... ↓スポンサードリンク